パーンと弾けるハリツヤ【基礎化粧品で透明感のある50代】

美容液

浸透させるための工夫

スキンケア

ビタミンcを届けて活性化

ビタミンcは肌に良いということは美容に興味のある人であれば誰もが知ることとなりました。抗酸化作用があることに加えて、きめ細かな肌を作っていくための材料ともなるのがビタミンcであり、配合されている化粧品を使用して効果的に送り届けたいと考えるのが一般的になっています。化粧水にはビタミンcではなくビタミンc誘導体が配合されているものがあります。ビタミンc誘導体が配合されている化粧水の特徴は、ビタミンcの吸収性の問題を解決してより効果的にビタミンcを肌の細胞に届けることができるようになっているということです。これによって肌を作り上げる仕組みを活性化するのにより大きな効果を示すことができるのが特徴です。

よりよい肌の状態へ

ビタミンc誘導体の配合された化粧水を選ぶことによって、ビタミンcで得られるとされている様々な美容効果を確実に発揮させることができます。ビタミンcは肌への浸透性が低いことから、抗酸化作用のように細胞へと送り届けられなくても発揮できる効果は発揮できます。しかし、ビタミンcそのものが含まれている化粧水では細胞の中に入って肌を作る代謝過程に作用してもらおうと考えるとそれほど高い効果が得られません。一方、ビタミンc誘導体が配合されている場合には浸透性が高いため、細胞内で行われる代謝過程でもしっかりと利用してもらうことができ、多くの美容効果を発揮することができるのです。より高い効果を求めるための工夫としてこういった成分の違いに着目することが大切です。