パーンと弾けるハリツヤ【基礎化粧品で透明感のある50代】

美容液

肌に働いてくれます

化粧水

敏感肌の人は注意が必要

ビタミンc誘導体は最近多くの化粧品に配合されるようになりました。従来のビタミンCでは肌の奥に浸透させることができない分子の大きさであり、肌にはあまり役にたちませんでしたが、ビタミンc誘導体は肌の奥まで浸透できるように作られています。このため、多くの化粧品に配合されさまざまな働きをしています。しかしながら、ビタミンc誘導体は肌を刺激する場合があるため、敏感肌のひとは使用量などに注意が必要です。特にビタミンc誘導体だけで販売されているアイテムは高濃度のものも多くあるため、まずはパッチテストなどをしてみることをおすすめします。肌荒れが起こらない場合にはビタミンc誘導体はニキビケアやエイジングケアなど多くの肌に使用することができます。

イオン導入も有効です

ビタミンc誘導体は使用をすることで、ニキビ肌の改善やたるみ、シワ毛穴の開きに有効です。このため、ニキビ肌用の化粧品やエイジングケア用の化粧品などに多く使用されています。ビタミンc誘導体はコラーゲンの生成を助ける働きをするため、肌のトラブルに大いに役立つのです。コラーゲンは真皮層で作られるため、ビタミンc誘導体も肌のより奥へ浸透させることによって生成を助けることができます。通常のビタミンc誘導体であっても角質層まで届きますが、イオン導入器などを使用するとより奥まで浸透させることが可能になります。このため、特に年齢肌を改善したい人はイオン導入と併用することをおすすめします。最近では家庭用のイオン導入器も多く販売されています。